生理前の腹痛

毎月イヤになる!生理前の腹痛

生理の時の生理痛ならわかるけど、生理前に腹痛があるのはなぜ?
そんな悩みを抱えている女性は少なくありません。
腹痛というよりも下腹部痛で鈍い痛み、という症状の方が多い様です。

 

PMS サプリ

 

生理前の下腹部痛はPMS(生理前症候群)代表ともいえる症状のひとつです。
辛いと日常生活に支障をきたす場合も…。

 

こちらでは、生理前の腹痛の原因と予防・対策、PMSについて、サプリメントなどでの改善方法についてなど詳しく解説していきます。

 

生理前の腹痛が起こる原因

まず、ご存知の方も多いかと思いますが、生理にかかわる周期のサイクルは大きく2つに分かれています。
1つは卵胞ホルモン(エストロゲン)が分泌される卵胞期
生理から次の排卵までの期間。
もう1つは黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌される黄体期
排卵から生理前までの期間。

 

PMS サプリ

 

PMSの症状が出る生理前の時期はこの黄体期の後半になります。
黄体期は自律神経のバランスが崩れ、心と身体の双方の不調が起こりやすくなる時期にあたります。
PMSはこの時期に起こる症状で、生理前の下腹部痛や胃痛はその不調の1つです。

 

PMSの症状が出る女性と出ない女性がいますよね?
症状の重さも個人差があります。

 

その原因はホルモンバランス
何らかの原因で上記の2つのホルモンのバランスが乱れてしまうことでPMSの症状が出てしまいます

 

PMS サプリ

 

女性の体はホルモンにとても影響を受けやすく、生理前の腹痛を始めとした様々な症状が出てしまうのです。

 

なぜ腹痛(下腹部痛)が生理前に?

生理前のこの時期には、子宮内膜が最も厚くなります。
生理準備状態になると子宮内膜から「プロスタグランジン」というホルモン物質が出始めます。
この「プロスタグランジン」が厚くなった子宮内膜を排出させようと子宮を収縮させる働きがあり、さらに発痛物質でもあるために過剰に分泌することで下腹部痛などの痛みが出ます。
さらにこの「プロスタグランジン」は胃腸障害にも影響を及ぼすと言われていて、そのことから生理時の腹痛と深い関わりがあるとされています。

 

下腹部痛がひどい場合には受診を

あまりに痛みが強い場合には我慢せず産婦人科等を受診しましょう。
その腹痛がPMSの症状とは限りません
通常は我慢できる程度の痛み方ですので、

  • 脂汗が出る
  • 立っていられない痛み
  • 少量の出血を伴う

などの場合は医療機関で医師の診断を受けましょう。

 

PMS サプリ

 

妊娠している可能性もありますし、子宮筋腫や子宮腺筋症、ポリープなどの可能性も考えられます。

 

生理前の腹痛を予防・改善するには?

ではなるべく生理前の腹痛を予防するにはどうしたら良いのでしょうか?
PMS対策の方法をいくつかご紹介します。

 

生理前の腹痛・PMS症状の予防と改善<食べ物で予防>

PMSの発症を防ぐ効果が期待できる食べ物はいくつかあります。

 

大豆製品

大豆イソフラボンという成分が、ホルモンバランスを整える効果があり、また生理痛を緩和する働きをするとも言われています。

 

炭酸飲料

炭酸には血行を良くする効果があるのでPMS、生理前の腹痛予防に効果的です。

 

プルーン

鉄分が不足すると生理痛がひどくなります
プルーンは簡単に鉄分を補給できる食材なのでおすすめです。
他にはレバーひじきなど。

 

青魚

さんま、あじ、いわし等のDHCやEPAを多く含む青魚は血液をサラサラにしてくれる不飽和脂肪酸を豊富に含み、冷え対策にも効果的
ホルモンバランスを整えるビタミンB群も豊富に含んでいます。

 

生理前の腹痛・PMS症状の予防と改善<身体を温める>

冷えは代謝を悪くし、ホルモンバランスを乱れさせる大きな原因となります。
入浴時もシャワーで済ませずに湯船でゆっくり温まるようにしましょう。
身体の中から温めるには生姜湯やジンジャーティーなども効果的です。

 

生理前の腹痛・PMS症状の予防と改善<睡眠>

睡眠中には様々なホルモンが分泌されています。
睡眠不足はPMSの原因となるストレスにもなりますので、充分な睡眠を心掛けましょう。
睡眠の質を高めることは生理前の下腹部痛などPMSの予防に効果的です。

 

生理前の腹痛・PMS症状の予防と改善<サプリメント>

PMSの予防と改善にPMS向けのサプリがあり、人気を集めています。
ホルモンバランスを整えるチェストツリー月見草オイルなどが配合され、身体の内側からPMSを誘発させないよう体質改善を促してくれるものです。

 

PMS サプリ

 

医薬品ではないので副作用の心配もなくおすすめです。

 

生理前の腹痛を誘発しやすいもの

PMS症状の予防策を紹介してきましたが、次に生理前の腹痛を招きやすいもの、避けたほうが良いものを紹介します。

 

PMS症状の予防に避けたい<ストレス>

ストレスは女性には大敵です。
ホルモンバランスを整えるにはリラックスする時間を作り、ストレスをためないことが大切です。

 

PMS サプリ

 

好きなこと、没頭できる趣味、半身浴、アロマ、心が落ちつく音楽を聴くなど、自分に合ったリラックス方法、ストレス発散法で、ストレスをためないようにしましょう。

 

PMS症状の予防に避けたい<コーヒー>

コーヒーを飲むのと飲まないのでは、生理前の下腹部痛だけでなく、生理痛に差が出ることがあります。
コーヒーに含まれるカフェインには体を冷やす作用があり、体が冷えるとPMSや生理痛の原因となるプロスタグランジンがいつまでも子宮に留まり、痛みが増して生理痛などの症状を悪化、長期化させることになってしまうのです。

 

生理前の腹痛が起こってしまったら?

すでに症状が出てしまっている場合の対策法です。

 

生理前の腹痛対策<温める>

とにかく身体を(特に腰回り)冷やさないようにします、そして温めるようにします。
ホッカイロや腹巻、ひざ掛けなどを活用して温めるようにしましょう。
足も冷えやすいので厚手のモコモコ靴下や、足先用のホッカイロなどが効果的です。

 

生理前の腹痛対策<ツボ押し>

PMSに効果のあるツボをご紹介します。
マッサージしたり温めたりすると効果的です。

 

三陰交(さんいんこう)

内側のくるぶしの上、指の横幅3本分ほどの位置にあるツボ。
徐々に力を加えながら、骨に沿ってマッサージします。

 

仙骨(せんこつ)

尾骨の上、腰椎の下にあるツボです。
凹んでいる部分を念入りに押すようにします。

 

合谷(ごうこく)

手の親指と人さし指の骨がちょうど合わさる部分より少し人さし指側に位置しているツボ。
生理前の腹痛に限らず全身の痛みを緩和してくれるツボです。

 

足三里(あしさんり)

膝の外側、お皿の下から指4本分ぐらい下のくぼんでいる位置。
特に胃とつながりのあるツボですが、体全体の治癒力を高めます。

 

生理前の腹痛対策<脂肪の多い食品を控える>

PMS、生理前の腹痛に関連性の高い「プロスタグランジン」というホルモン物質ですが、このホルモン物質が生産されるには食品から摂取された脂肪が必要になります。
つまり、脂肪の多い食品の摂取を控えることによって、生理前の腹痛に関連性の高い「プロスタグランジン」が生産されるのを抑えることができます。

 

PMS サプリ

 

脂肪が多い食品とはケーキチョコレートなどの洋菓子バター牛乳が多く使われている、主には洋食のグラタンシチュー菓子パンビスケットなど。
このような食品の摂取を控えることである程度「プロスタグランジン」の発生を抑えることができることから、生理前の腹痛を軽減することが出来ます。

 

生理前の腹痛は生理痛?

結論から言うと双方とも「同じ」です。
PMSの症状である生理前の腹痛と、一般的に生理中に起こる生理痛、いずれもプロスタグランジンの分泌量が元で起こるものであり、時期が少しずれているだけで同じことなのです。

 

時期や症状に個人差があるのはなぜ?

生理前の下腹部痛は「PMS(生理前症候群)」、生理中の腹痛は「生理痛」、この違いは何なのでしょうか?

 

生理痛と思われる腹痛が起こる時期が早すぎたり、症状が重くなる原因には次のようなことが挙げられます。

  • プロスタグランジンの分泌過剰
  • 体型の問題で子宮口が狭い
  • 体の冷え
  • 自律神経の失調

 

プロスタグランジンの分泌量が多くなる生理前〜生理中。
子宮を収縮させ、はがれ落ちた子宮内膜を血液とともに「経血」として体の外に押し出す働きをするためにプロスタグランジンが分泌されます。
この分泌が多くなると、子宮の収縮が過剰になり、下腹部痛や腰痛の原因になります。

 

PMS サプリ

 

このプロスタグランジンは、生理中だけでなく生理がはじまる約1週間前から分泌され、ピークは生理前の2〜3日間が目安で、個人差があります。
そのため、生理中に限り下腹部痛が起こる女性と、PMS症状として生理前に腹痛がある女性がいるわけなのです。

 

生理前の腹痛・PMS症状についてまとめ

生理前の下腹部痛と、生理痛の腹痛、いずれも過剰に症状が出てしまう場合にはホルモンバランスの原因が乱れている可能性が高いです。

 

紹介した予防法、食事睡眠身体を温めるなどを心掛けてみましょう。
PMS向けのサプリメントはホルモンバランスを整える目的の有効成分が豊富に含まれていますので、PMS症状の対策には効果的でおすすめです。

 

PMS サプリ

 

PMSの症状におすすめのサプリランキング

掲載情報について
当サイトでは正しい商品情報をご提供するようつとめておりますが、製造及び販売メーカーが告知なしに成分を変更することがございます。
したがって実際お届けの商品とサイト上の表記が異なる場合がありますので、ご使用前には必ずお届けの商品ラベルや注意書きをご確認ください。
商品画像はイメージです。実際にお届けする商品とパッケージ等が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。いずれも商品の公式サイトの情報をよくご確認の上、ご購入頂けますようお願い申し上げます。
サプリメントご利用に関する注意事項
ランキング順位は商品の効果・効能に基づいたものではございません。
ご不明な点はご購入の前に必ず販売店・製造メーカーにご相談ください。
ご使用前には「使用上の注意」をよく読み、用法・用量を守って正しくお使いください。
疾病治療中の方、及び妊娠・授乳中の方はお医者様とご相談の上お召し上がりください。
原材料をご確認の上、アレルギーの方はお召し上がりにならないでください。