漢方でPMS対策

生理前症候群向けの漢方・サプリについて

痛みや体調不良、そしてイライラなど、さまざまな不快症状があらわれる生理前。
この不快症状PMS(生理前症候群)の対策として、漢方薬やサプリは有効なのでしょうか?
PMS向けの漢方薬やサプリについて詳しく解説します。

 

PMSに効果が期待できる漢方薬

PMSは生理前のホルモンのバランスの変化により起こると考えられていますが、明確な原因はわかっていません。

 

そのため、ひとつの症状に対する対処療法ではなく、体全体を一つのものとして考える漢方薬による治療がよく用いられています。

 

漢方

 

漢方では、気・血・水のいずれかのバランスの乱れによって体に不快な症状があらわれると考え、その人の体質と症状に応じて漢方薬を選びます。
この考え方がPMSサプリと大きく異る点とも言えます。
以下は主にPMSに処方される漢方薬です。

 

桂枝茯苓丸

血のめぐりの滞りを改善する漢方薬で、体力が中程度以上の人(中間証)に用いられる漢方薬です。
生理前の「血」の滞留が原因のめまいや、のぼせがあるのに体の末端の冷えがあるという症状がある人のPMS改善に向いています。

 

当帰芍薬散

体力が弱く(虚証)、冷え症がある場合に向いている漢方薬です。

 

漢方

 

「血」の流れと量を補うことにより、体を温め、生理前、PMSによる頭痛やむくみ、冷えなどを改善します。

 

桃核承気湯

比較的体力がある人(実証)向けで、のぼせや便秘を緩和します。「気」と「血」の流れをよくすることで、生理前の便秘やのぼせ、イライラを改善します。

 

漢方

 

加味逍遙散

体力が中等度以下(中間証)で、のぼせや便秘のほか、精神的な症状がある場合に用いられる漢方薬です。
生理前、PMSの不快症状だけでなく、更年期障害の改善にも適しています。
「血」の不足により「気」が熱として体内に滞留するために起こる、のぼせやイライラなどの生理前のつらい症状を熱をとり冷やして鎮めます。

 

このほかにも、精神症状には抑肝散や女神散、むくみについては柴苓湯や防己黄耆湯などの漢方薬がPMSの改善を目的として用いられています。

 

PMS対策の漢方薬の入手方法

PMS対策に用いられる漢方薬の入手方法は2つです。

 

街中のドラッグストアで購入する

PMS向けの漢方薬の多くは、街中のドラッグストアでも購入できます。
購入にあたり、相談などは必要ありません。

 

漢方

 

しかし、ドラッグストアで購入する場合、症状だけではどの漢方薬が合っているのか判断が難しく、最適な薬を選ぶのは難しいという側面があります。
より高い効果を得たいのであれば、医師の診断のもと、漢方薬を処方してもらった方がよいでしょう。

 

医師から処方を受ける・漢方専門薬局を利用する

PMSの症状で受診した場合も、漢方薬が処方されることが多いです。
医師からPMSで処方してもらう場合、健康保険が適用できる場合と、自費となる場合があります。
保険適用の漢方薬を用いる場合には、費用は市販のものを購入するよりも少なく済みます。

 

漢方

 

また、東洋医学に詳しい医師や漢方専門薬局では、その人のPMS症状に応じたオリジナル処方を行ってくれます。
費用は保険外のため高額となりますが、きちんと自分の症状に最適な漢方薬をお望みの人におすすめです。

 

PMS対策を漢方で行うメリット・デメリット

生理前に起こるPMSの改善に向けて漢方薬を使うメリットは、ピルや精神安定剤といった西洋薬と比較すると副作用が少ないことです。

 

特に妊娠を希望している場合、ピルは使用できません。
西洋薬では出てきた症状ひとつひとつに対して対処療法的な効果を狙いますが、漢方薬は、その生理前の不快症状のもととなる体の状態を時間をかけて改善していくことにより、改善を図ります。

 

そのため、一般的に漢方薬は西洋薬よりも体に対する作用はおだやかです。

 

また、体質の改善をはかるため、PMSだけでなく日常の体調についても改善につながることもあります。

 

しかし、漢方薬にもデメリットがあります。
まず、漢方薬だからといって、全く副作用がないわけではありません。
胃部不快感や下痢、発疹などの軽い副作用であることがほとんどですが、ごくまれに肝機能障害や肺炎を起こす可能性もあります。
たとえPMSの症状が緩和されたとしても、他の副作用が出てしまうリスクは残念ながら否定できません。

 

漢方

 

そして、漢方薬は直接生理前の不快症状を抑え込むものではないため、効果が感じられるようになるまで時間がかかります。

 

体の状態にあっていない漢方薬ではPMS改善の効果が得られないということにも注意が必要です。

 

また、使用する漢方薬と市販、処方においては保険の適用有無にもよりますが、薬代や診察代など、目安としておおむね月あたり数千円〜2万円程度がかかります。
毎月のことですので、費用面での負担が大きくなることもデメリットといえるでしょう。

 

サプリメントでもPMS対策が可能

PMS対策の方法は西洋薬や漢方薬だけではありません。
サプリメントを利用して女性ホルモンのバランスに関係するさまざまな自然の成分を摂ることで、生理前のPMSの辛い症状を緩和する効果が期待できます。

 

薬は副作用が気になるため、できるだけ薬を飲まずに何とかしたいとお考えの人も多いでしょう。
サプリメントは、自然由来の素材を使用した食品ですので、副作用を気にせずに飲むことができます。
また、保険適用となった場合でも、費用面ではPMSサプリの方が有利にはたらくことも多いです。

 

漢方

 

また、サプリメントは使用にあたり医師の診察などは不要で、気軽に始められるという点もメリットです。
薬はなるべく飲みたくない、という人にとっては、生理前のつらさを改善するためにPMS向けのサプリメントも服用することもひとつの選択肢といえます。

 

PMS対策におすすめの成分チェストベリー

PMSに有効だといわれている成分はいくつかありますが、その中でも最もよく用いられるものがチェストベリーです。

 

漢方

 

チェストベリーとは、地中海沿岸や中央アジアに自生する灌木状の低木イタリアニンジンボクの実で、古くからヨーロッパで生理前の不調などに用いられてきました。
チェストベリーにはプロラクチンという乳汁分泌ホルモンの分泌を抑える働きがあります。
プロラクチンが過剰になると、生理前の胸のはりなどの不快症状が起こります。
このほか、エストロゲンを抑制し過ぎることによるホルモンバランスの乱れによっても、生理前のPMSの諸症状が引き起こされると考えられています。

 

チェストベリーは、サプリメントとしも古くから利用されています。
現在発売中の市販のPMS治療薬「プレフェミン」についても、チェストベリーが活用されているのです。

 

生理前のPMS対策にチェストベリーのサプリを活用しよう

生理前のつらい症状について、漢方薬やサプリメントについて紹介しました。
現在、PMS対策向けのチェストベリーサプリは多数販売されています。

 

ただし、どれでもよいわけではなく、配合量や信頼できるメーカーであるかをよく確認してからサプリを選びましょう。
生理前のPMS対策におすすめのチェストベリー配合サプリはこちらです。

 

PMS対策サプリおすすめランキングをチェック

 

掲載情報について
当サイトでは正しい商品情報をご提供するようつとめておりますが、製造及び販売メーカーが告知なしに成分を変更することがございます。
したがって実際お届けの商品とサイト上の表記が異なる場合がありますので、ご使用前には必ずお届けの商品ラベルや注意書きをご確認ください。
商品画像はイメージです。実際にお届けする商品とパッケージ等が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。いずれも商品の公式サイトの情報をよくご確認の上、ご購入頂けますようお願い申し上げます。
サプリメントご利用に関する注意事項
ランキング順位は商品の効果・効能に基づいたものではございません。
ご不明な点はご購入の前に必ず販売店・製造メーカーにご相談ください。
ご使用前には「使用上の注意」をよく読み、用法・用量を守って正しくお使いください。
疾病治療中の方、及び妊娠・授乳中の方はお医者様とご相談の上お召し上がりください。
原材料をご確認の上、アレルギーの方はお召し上がりにならないでください。