生理前のおりもの

気になる生理前のおりもの

だいたい生理前になるとおりものが増えて
「あ、そろそろ生理かな」と気がつくパターンが多いかもしれません。

 

ただ、
いつもの生理前とおりものの状態が違う
妊娠かも?」「これってPMS?」「何かの病気?」
と不安に襲われてしまう女性も少なくありません。

 

生理前症候群(PMS)

 

こちらでは、

  • 生理前のおりものについて
  • おりものの周期変化
  • PMSやその他病気の兆候
  • 妊娠超初期のおりものと生理前の違い

 

などについて詳しく説明していきます。

 

そもそも「おりもの」って何?

女性の身体は、女性ホルモンの影響を受けて一定の周期で変化を繰り返しています。
なので生理と同じ様におりものにも周期があり、その周期に合わせて状態や量が変化しています。

 

おりものの役割1<自浄作用>

細菌が膣を通して身体に入ってくるのを防ぎます。
女性の性器は肛門や尿道の近くにあるため、大腸菌をはじめとした雑菌が侵入しやすくなっています。
おりものを分泌させることによって膣の中を清潔に保つ力を持っています。

 

おりものの役割2<受精の手助け>

受精時に精子がスムーズに卵子と結びつくために手助けをします。
精子が卵子へ辿り着くまで、おりものは精子を包み込んで守り、受精の手助けをしてくれます。
おりものは普通、雑菌の侵入を防ぐためにpH4〜5の弱酸性ですが、排卵期には精子が移動しやすい環境を作るため、このpH値を下げる作用もあります。

 

生理前のおりもの「正常な状態は?」

「いつもの生理前とおりものがちょっと違う…」
となると焦ってしまいますよね。。

 

では正常なおりものの状態とは、量や色など、どのような状態なのでしょうか?
生理サイクルと照らし合わせながら、おりものの状態を見ていきましょう。

 

おりものの周期変化

女性ホルモンには、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2種類があります。
おりものの量は、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の分泌にほぼ比例して、おりものの状態はこの2つのホルモンと深く関わりがあります。

 

生理前症候群(PMS)

 

生理直後

生理直後は、残った経血とおりものが混じり、やや茶色っぽく、量は少なくさらっとした状態。

 

排卵前〜排卵期

排卵期に向けてはおりものの量が増える時期です。
もっとも量が多くなるのは排卵期で、透明でとろみのある水のような状態。この時期のおりものは受精の手助けの役割もあり、臭いは強くありません。

 

排卵後〜生理前

この時期のおりものは粘性のある白濁した状態が一般的です。
排卵後は弱アルカリ性の頸管粘液が減るため、おりものは酸性の状態になり、細菌などから膣内を守ります。
おりものが酸性の状態になると酸っぱいにおいするため、特に生理前のおりものは酸っぱいにおいがする場合が多いです。
量は減少傾向ですが、臭いはやや強くなります。

 

生理直前

生理直前になると生理前には量が増え、臭いも強くなります。
色は引き続き白く濁った状態で、生理の前日ぐらいからは少量の血液が混じることもあります。

 

おりものの色や質感、量などにはかなりの個人差があります。
生理前のおりものの状態については、各個人のホルモン分泌の状態などによっても分かれます。
生理前のおりものの状態が上記の変化とは違うとしても、不安になる必要はありません。

 

妊娠の超初期症状かも!?

生理前のおりものの状態が「明らかにいつもと違う」
そんな場合は妊娠のサインかもしれません。
生理前のおりものと、妊娠超初期症状のおりもの
見分け方はあるのでしょうか?

 

妊娠すると「さらさらとした白っぽいおりもの」が増えます。
透明なおりものが大量に出て、いつもより強い眠気などが現れたから妊娠に気づいたという方もたくさんいます。

 

無事に受精を遂げた卵子が子宮に着床したことで、着床日付近でその量が増えることが原因です。
なので排卵日・性交日から計算して着床した可能性の高い時期で、おりものが増えたら妊娠が原因のおりものの変化かもしれません。

 

心当たりがある場合は、妊娠検査薬で検査をしてみましょう。

 

PMS(生理前症候群)

 

先述の通り、おりものは膣内を一定の健康状態に保つ役割を果たすために、妊娠中、それ以外の時期を問わず、常に分泌されていますが、特に妊娠した時にはおりものの量は普段よりも多くなることがあります。

 

妊娠したことで、女性ホルモンが体内で増加して子宮内の運動が活発になり、それが刺激となっておりものの分泌量が増えるとされています。

 

ただし、妊娠したら基本的にはおりものは増えるものなのですが…
おりものが減る方もまれにいらっしゃいます。
妊娠初期の症状は生理前の症状ととてもよく似ているので、おりものだけで妊娠してるかどうかは当然、検査するまで分かりません。

 

おりもので見分ける病気

生理前におりものが増えたからと言ってすぐに「病気かも…」と心配する必要はありません。

 

 

ですが生理前の時期に、著しくおりものが増える、おりものに血が混じる等の症状が目立つ場合はPMS(生理前症候群)かもしれません。
その他、いつもと違うおりものが出たときは、病気など体内に異常がある可能性もあります。

 

■おりものの状態と考えられる病気

おりものの色と状態 におい・症状 疑われる病気

黄色か緑色、膿のような見た目

 

 

においと量は多め 単純性膣炎、子宮頸管炎、淋病、クラミジア
白くてポロポロしている 外陰部のかゆみ カンジタ膣炎
黄色か緑色 細かい泡が混じる、外陰部のかゆみ、においと量は多め トリコモナス膣炎
茶色、茶褐色、ピンク 強いにおい 子宮頸がん、子宮体がん、子宮筋腫、子宮頸管ポリープ

 

人によって症状は様々ですが、あまり急激におりものの量や色が変化した場合には婦人科等の診察を受けましょう。

 

普段から、
生理後、排卵期、生理前・・・
それぞれの時期の自分のおりものの状態をよく知っておくことで、健康状態の変化にも気がつくことができますね。

 

 

PMS(生理前症候群)とは?

生理前の時期に、毎月同じような症状が続く場合、
著しくおりものが増える、おりものに血が混じる等の症状が目立つ場合はPMS(生理前症候群)かもしれません。
個人差はありますが、生理前の1週間くらいの期間、イライラしたり、頭痛や腹痛、お腹が緩くなったり、PMS(生理前症候群)特有の症状が出ることが多く、精神的にも身体的にも不調を感じはじめます。

 

生理前だからと言って、つらい症状を諦めている女性も多いですが、PMSは医薬品やサプリメントで症状を緩和することが可能です。
PMS(生理前症候群)について詳しくはこちらも参考にしてください。

掲載情報について
当サイトでは正しい商品情報をご提供するようつとめておりますが、製造及び販売メーカーが告知なしに成分を変更することがございます。
したがって実際お届けの商品とサイト上の表記が異なる場合がありますので、ご使用前には必ずお届けの商品ラベルや注意書きをご確認ください。
商品画像はイメージです。実際にお届けする商品とパッケージ等が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。いずれも商品の公式サイトの情報をよくご確認の上、ご購入頂けますようお願い申し上げます。
サプリメントご利用に関する注意事項
ランキング順位は商品の効果・効能に基づいたものではございません。
ご不明な点はご購入の前に必ず販売店・製造メーカーにご相談ください。
ご使用前には「使用上の注意」をよく読み、用法・用量を守って正しくお使いください。
疾病治療中の方、及び妊娠・授乳中の方はお医者様とご相談の上お召し上がりください。
原材料をご確認の上、アレルギーの方はお召し上がりにならないでください。