生理前の頭痛

生理前の頭痛はナゼ?

生理前に毎回ひどい頭痛がするけど・・・なんで?
なんと女性の約半数はこの生理前の頭痛の経験があるとのこと。

 

生理前の頭痛

 

しかも生理前の頭痛は、ズキズキと痛くて普通の生活が送れないなんてこともあります。
頭痛だけでなく吐き気やめまいなどの症状も同時に起こる人もいてとっても辛いもの・・

 

どうやらこの頭痛もPMS(生理前症候群)の症状のひとつのようです。
でもナゼ頭痛が起こるの?ということで

  • 生理前の頭痛について
  • 生理前の頭痛はいつ起こる?原因は
  • 生理前の頭痛の対処法について

など詳しく解説していきたいと思います。

 

生理前の頭痛

通常頭痛には大きく分けて次の2種類あります。

 

緊張性頭痛
片頭痛

 

この2種類の頭痛のうち生理前に起こりやすのは片頭痛で、この生理前に起こる片頭痛を「月経関連片頭痛」と呼びます。

 

片頭痛とは頭部の血管の拡張により神経が刺激されることで起こる痛みで、脈に合わせてガンガン・ズキズキ痛むのが特徴です。風邪や二日酔いによる痛みも片頭痛にあたります。

 

片頭痛の主な症状
  • 頭がズキズキと痛む
  • 光や音、ニオイに敏感になる
  • 頭痛とともに吐き気もある
  • 体を動かすと頭痛がひどくなる

 

対して緊張性頭痛とは首や肩の筋肉が緊張して凝った状態または目が疲れている時などに、頭が締め付けられるような圧迫感や重圧感を感じるのが特徴です。長時間のデスクワークなどで起こりやすいのが緊張性頭痛です。

 

緊張性頭痛の主な症状
  • 頭が締め付けられるように痛む
  • 頭全体が痛い
  • 肩や首も痛い
  • めまいやだるさ、目の疲れを感じる

 

生理前に起こる月経関連片頭痛は、通常の片頭痛よりもひどい傾向があり薬も効きにくいようですので、注意が必要です。

 

生理前の頭痛はいつ起こる?原因は

生理前になぜ頭痛がするのか?
これはPMS(生理前症候群)の症状の全てが女性ホルモンの影響であるのと同じようにホルモンの変化が関係しています。

 

生理前の頭痛

 

エストロゲンの分泌は排卵前にピークになり、排卵後に急減します。
そのあとまた排卵後に少し増え、生理前に減少します。
このエストロゲンの減少に影響を受け起こるのが生理前の頭痛です。
正確には排卵後と生理直前に2度起こりやすくなります。(断続的に痛みがある方もいるようです)

 

直接的な原因としては、エストロゲンが減少すると脳内物質セロトニンも減少するので、脳内の血管が拡張し頭痛が起こります。(セロトニンには血管を収縮させる作用があります)

 

エストロゲンを急減させない方法ってある?

頭痛を引き起こす原因となるのがエストロゲンの減少だとわかりました。
ではエストロゲンの減少を軽減することができれば、頭痛も軽くなる!ということになります。
何か簡単にできる方法がないのかな?と探してみたらありました!!

 

大豆食品を摂る

 

生理前の頭痛

 

大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンと似た働きをすることで知られています。
生理前に積極的に大豆食品を摂取することで、エストロゲンの減少を軽減することができるので頭痛も軽くなるそうです。
生理前の頭痛にお悩みの方はぜひ試して見てくださいね♪

 

でも怖いことに、頭痛をひどくさせる食材もあるのを見つけてしまいました。。

 

チーズ
チョコレート
ピーナツバター
レバー
ワイン
キムチ etc‥

 

これらにはチラミンという片頭痛の原因になる成分が含まれています。
チラミンは脳の血管の収縮させたり(収縮後は拡張させる)、血圧を上昇させるため片頭痛を引き起こしやすくなります。

 

生理前の頭痛

 

チーズをおつまみに赤ワインを飲むなんて頭痛にはダメなんですね〜。
特に熟成チーズはチラミンが多いので注意してください。

 

生理前の頭痛が気になる方は、これらの食材を生理前に食べるのを控えてみるといいと思います。生理前に関わらずこれらの食材の食べ過ぎは片頭痛の原因になりますので、気をつけてくださいね♪(適量なら問題はないです)

 

あと頭痛に関する気になる成分がカフェイン
過剰摂取すると片頭痛の原因となり、適量であれば片頭痛を緩和するそうなんです。ん!?
どういうことかというと・・
カフェインが体内に取り込まれると、血管を収縮させるので片頭痛を緩和することができます。確かに鎮痛剤の多くはカフェインが使われていますね。

 

生理前の頭痛

 

でも過剰摂取すると急激に血管が収縮し、また急激に元にもどそうと拡張させるため頭痛が起こります。何でも過剰摂取はよくないですよねー。

 

生理前の頭痛にも、一杯のコーヒーが症状を軽くしてくれるかもしれません♪
試してみる価値はあると思います。
ただカフェインはPMS(生理前症候群)の症状を悪化させるとも言われていますので、頭痛が気になる方は毎日摂取するようなことは控えた方が良いです。

 

生理前の頭痛!皆さんの対処法

PMSの症状の有無に関わらず、生理前の頭痛はホント困りますね・・。
仕事どころか家事も育児もままならない、こんな時女性の皆さんはどのように対処しているのでしょうか?
生理前の頭痛、皆さんの声を集めてみました。

 

生理前の頭痛の対策@<40代・Kさん>

必ず排卵日・生理前には頭痛がひどくなり吐くことも多かったんです。市販薬を飲んでも効かなかったので病院に行くと「頭痛が起こる前に頭痛薬は飲んでください。頭痛が始まってからでは効果はほとんどありません!」とのことでした。知らなかった・・・目からウロコでした。
実際試してみると、ホント効きました!!鎮痛剤が効かないって方は飲み方を間違えている可能性があります。ぜひお試しください♪

 

生理前の頭痛の対策A<30代・Tさん>

出産後、生理が戻ってから PMSの症状が出るようになりました。育児に忙しいのに頭痛やめまいに襲われて困っています。もしかしたら育児の疲れからくるのかもしれませんね。こんな時は子供と一緒にお昼寝をしてなるべくゆっくり休むようにしています。
薬局で血行を良くしPMSの症状を和らげる漢方薬を購入したので合わせて飲んで見て様子を見ようと思います。

 

生理前の頭痛の対策B<30代・Oさん>

私は20代半ば頃から生理前の不調がひどくなり、頭痛に悩まされるようになりました。今は低容量ピルを飲んでいます。服用後は嘘のように快適になり、辛い症状を毎日我慢していることを聞くと可哀想に思います。ピルには抵抗がある方も多いと思いますが、婦人科に相談に行けば漢方か薬かわかりませんが何か良い対策を提案してくれると思います。
もしかしたらただのPMSではなくて病気かもしれませんので、一度婦人科へ行くのをおすすめします。

 

生理前の頭痛の対策C<20代・Mさん>

生理前には決まって頭痛・腰痛・腹痛などが起こります。毎月のことなので辛いのですが鎮痛剤を飲んでしのいでいます。生理痛専用の鎮痛剤がおすすめです。
同時に頭を冷やすと頭痛が和らぐ効果があるので、冷えピタをいつも持ち歩いています。

 

生理前の頭痛の対策D<30代・Sさん>

長年生理前の頭痛に悩ませれてきましたが、サプリを飲み始めてから症状が軽くなったように思います。ピルはもちろん薬や漢方にも副作用があるので抵抗がありました。何か良いものはないかと探していたところPMSのサプリを見つけました。気休め程度に飲み始めたのですが、3ヶ月経った今は生理前が嘘のように楽に過ごせるようになりました。サプリなので即効性はありませんが、少しずつ症状を軽くしてくれると思います。PMSに悩んでいる方は一度試してみては如何でしょう?

 

生理前の頭痛の対策E<40代・Aさん>

若い頃はそうひどくなかった生理前の症状が40歳を過ぎてからひどくなりました。特に頭痛がひどくて更年期なのかもしれないとも思っています。頭痛が起きた時は暗い部屋で静かに横になって休むといいようです。
でもこれ以上ひどくなれば病院に行こうと思います。

 

生理前の頭痛への対策法

皆さん色々と対策したり、工夫されているみたいですね。
でも生理前のつらい症状を改善、軽減させるには、きちんとしたPMSの改善策を考えなくてはいけません。
では、PMS(生理前症候群)の症状を改善するにはどのような方法があるのでしょうか?

 

低用量ピル

口コミにもありましたが、低用量ピルを服用することはホルモンバランスを整えるのに有効です。
それによってPMS(生理前症候群)の症状改善が期待できます。

 

 

ただし市販されておらず、産婦人科等の受診が必要で診察料の他ピル代が1ヶ月分3,000円程度かかります。
体質によって合う合わないも分かれ、血栓リスクも高まるので定期的な検診が必要になります。

 

PMSサプリ

生理前のつらい症状を改善する目的のサプリメントも種類多く販売されています。
低用量ピルのように受診する必要もなく、価格も様々。

 

 

ネット通販で手軽に入手できるので、「産婦人科へ行く前にまずはPMSサプリを試してみよう」という女性も多いようです。

 

PMS対策サプリおすすめランキング

 

PMS対策向け医薬品

プレフェミン等、生理前症候群・PMSのための治療薬も販売されています。
ネット販売しているもの、薬局で購入できるものに分かれます。
よく知られているところでは、命の母ホワイト。

 

 

小林製薬から販売されている、漢方がベースの生薬を配合したPMS(生理前症候群)向け医薬品です。
こちらはAmazonなどの通販でも購入できます。
いずれもやや高価なのと、医薬品なので体質により効きすぎてしまったり、副作用の可能性があるのがネックと言えます。

 

漢方薬

PMS(生理前症候群)には漢方薬もおすすめです。
低用量ピルと比べると即効性は低いですが、体質を改善しながらPMSの症状を和らげます。

 

生理前症候群・PMSに効く漢方
桃核承気湯(とうがくじょうきとう)
桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
女神散(にょしんさん)
加味逍遥散(かみしょうようさん)
抑肝散(よくかんさん)
防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

体質によって合う合わないが分かれること、高価で常用がしにくい点と、刺激が強いので胃を荒らしやすいのが難点です。

 

生理前の頭痛についてまとめ

毎月毎月、生理前の頭痛が酷く出る場合には、PMS(生理前症候群)の可能性が高いです。
特に大変な病気ではなく、生活習慣を見直したりPMSサプリ等でホルモンバランスを整えることで比較的容易に改善されるケースも見られます。

 

ただし、あまりに生理前の頭痛が酷く、めまいや吐き気など他の症状も出る場合には医師の診察を受けることをおすすめします。
PMS以外の病気や疾患の可能性も考えられます。

  • 生理前の諸症状をなんとかしたい
  • ホルモンバランスを整えたい
  • ストレスが多い
  • PMSと思われる症状に複数心当たりがある
  • 薬は副作用が心配

そんな方は、まずはPMSサプリを試してみてはいかがでしょうか。

 

PMS対策サプリおすすめランキング

 

生理前の頭痛のワンポイントアドバイス

なんとか頭痛を軽くしたい!
口コミにも紹介されていた役立つ頭痛対処法をいくつかご紹介します!
月経関連片頭痛の場合の対処法になります。緊張性頭痛の場合は異なる対処法になりますので注意してくださいね。

 

痛む部分を冷やす

痛む部分を冷たいおしぼりなどで冷やすと、広がった血管が収縮して痛みが和らぎます。
頭痛が起きそうな時には冷却シートを持ち歩いていると安心です。

 

生理前の頭痛

 

甘い物を食べる

空腹で低血糖の状態が続くと、片頭痛が起きやすくなります。
長時間食事を摂れない場合は、アメやジュースなどで糖分を補給すると良いです。

 

生理前の頭痛

 

静かに横になる

片頭痛は体を動かすと悪化するので、できれば横になって休むことが良いです。
音や光にも敏感になっているので静かな暗い場所がベストです。

 

生理前の頭痛

 

ツボを押す

頭痛を軽減するツボを刺激してみるのもおすすめです。

 

合谷(ごうこく)
生理前の頭痛

 

手の甲の人差し指の骨と親指の骨の交わったところから少し人差し指側に戻ったところあります。
ぺこっと凹む場所なのでわかりやすいです。
万能ツボと呼ばれ、頭痛も和らげてくれます。

 

崑崙(こんろん)
生理前の頭痛

 

くるぶしの外側とアキレス腱の間にあります。
くぼんでいるのでわかりやすいです。
頭痛やめまい、吐き気などに効くのでおすすめのツボです。

 

足臨休(あしりんきゅう)
生理前の頭痛

 

足の小指と薬指が合流するあたりにあります。
頭痛、首や肩のこり、月経不順に効果があります。

 

アロマ

鎮静効果があるオイルは

  • ペパーミント
  • ラベンダー
  • バジル
  • マジョラム
  • ローズマリー

生理前の頭痛

 

などです。頭痛の起きそうな時に香りを嗅いでみるといいかもしれませんね。

 

市販の鎮痛薬を飲む

生理前の頭痛が辛い時には我慢をせず鎮痛薬を飲んでみるのも一つの方法です。
一時的ではあるものの痛みを和らげてくれます。
効果には個人差がありますので、自分に適した鎮痛剤を見つけておくのがいいですね。
ただし用法・用量をきちんと守って使用してください。

 

生理前の頭痛

 

色々ありましたが、頭痛時にぜひ試して自分にあった対処法を見つけてくださいね♪

 

PMS対策サプリおすすめランキング

 

 

掲載情報について
当サイトでは正しい商品情報をご提供するようつとめておりますが、製造及び販売メーカーが告知なしに成分を変更することがございます。
したがって実際お届けの商品とサイト上の表記が異なる場合がありますので、ご使用前には必ずお届けの商品ラベルや注意書きをご確認ください。
商品画像はイメージです。実際にお届けする商品とパッケージ等が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。いずれも商品の公式サイトの情報をよくご確認の上、ご購入頂けますようお願い申し上げます。
サプリメントご利用に関する注意事項
ランキング順位は商品の効果・効能に基づいたものではございません。
ご不明な点はご購入の前に必ず販売店・製造メーカーにご相談ください。
ご使用前には「使用上の注意」をよく読み、用法・用量を守って正しくお使いください。
疾病治療中の方、及び妊娠・授乳中の方はお医者様とご相談の上お召し上がりください。
原材料をご確認の上、アレルギーの方はお召し上がりにならないでください。